比較 保険の業務改善命令


昨今の新興諸国への投資人気に煽られ、短期投資商品を比較 保険は導入しました。
多数の比較 保険の社員が、手数料目当てに回転売買を繰り返していたようです。
顧客に対して比較 保険の投資信託を頻繁に買い替えさせていたのです。
これらの行為は、比較 保険以外の他社においても発覚しています。
そして来年1月15日までに改善計画を出すように、比較 保険に対して命じました。
しかし現実には適正な営業活動までは観察し難い状況で、比較 保険の処分をきっかけに、規律の引き締めが必要ではないか、との声が出ています。
その中には、比較 保険社員が100回以上も買い替えさせた例もあったのです。
そして延べ人数、比較 保険223人の職員が関与していたと指摘しています。
延べ1210人の顧客から比較 保険が2億6100万円の手数料を得ていたのです。
今回の比較 保険処分は、リーマンショック移行の市場低迷をその原因に挙げている。
また比較 保険の支店長らが内部書類を偽造した事例もあるようです。

比較 保険は法令遵守より手数料の収益を優先していたという風に指摘されています。
證券取引監視委員会によれば、高齢女性顧客に対して比較 保険社員が介入した。
この問題に対し、比較 保険の営業本部長である取締役が辞任を発表しました。
銀行窓口での投信販売が悪化する中、比較 保険は営業職員による販売を著しく強化。
回転売買で顧客が払った手数料に対しては、比較 保険は返金を検討しています。
これは比較 保険の取締役本部長の指示で行われたのでは、と懸念されています。
投信販売が困難になり、比較 保険を含む業界全体に回転売買の手法が増える土壌がすでにあった、と指摘しています。
そして投資に不慣れな高齢者に対して、それらの短期投資商品を売り込んでいたのです。
手数料がかさむだけの短期間での投信買い替えを比較 保険社員が勧めた模様です
posted by m.t at 12:53 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。