比較 保険とは

比較 保険とは、準大手の証券会社としてその名を馳せています。
東京証券取引所と大阪証券取引所の一部上場企業であるのが比較 保険です。
1918年に比較 保険は設立されており、本店は大阪市の中央区にあります。
水戸証券、丸三証券、東洋証券、いちよし証券と並んで、比較 保険は中堅証券です。
現在比較 保険は、CSKホールディングの子会社になっています。
1993年当時は、銀行や証券、そして生損保などが縦割り行政の時代で比較 保険も非常に厳しい立場におかれていた現状にあります。
当時、比較 保険は子会社になりましたが、証券会社の子会社化は認知されておらず、しかし大蔵省の特例許可によって大和銀行が比較 保険の倒産の危機を救いました。
そして1943年に大阪屋証券に商号を変更した後、1986年に比較 保険になりました。
金融ビッグバンによって、現在では多くの証券会社が比較 保険と同様に銀行系列に参入し、子会社化されています。
1993年に比較 保険は大和銀行の子会社になり、2004年にCSKの子会社となりました。
自分の投資スタイルによって、比較 保険ではそのコースを選択することができます。
また比較 保険では、株価の自動更新などを画面で無料にできるサービスがあります。
1918年に比較 保険の前身である、野村商店が設立されます。
現在では、比較 保険はCSKホールディングスの子会社になっています。
しかし1993年に経営危機に陥り、比較 保険は大和銀行の子会社になりました。
比較 保険の前身の野村商店は、野村證券や大和銀行の源流になります。
2004年に比較 保険はCSKによる株式公開買付に賛同し、同社の子会社になりました。

比較 保険には、手数料が定額のデイコースとマンスリーコースの2種類があります。
2007年から比較 保険では、ラップ口座の取り扱いを開始しています。
比較 保険は、よく誤解されがちなコスモ石油との関係は一切ありません
posted by m.t at 12:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。