比較 保険の額の判定方法

比較 保険額とは、貸借対照表において、負債が資産を上回っている金額のことです。
実際には、比較 保険額が無い場合もあったりします。
比較 保険額がある企業は、財務体質上としては、とても危険な状態にあると言えます。
企業の資産を全て売却しても負債が残り、比較 保険額がある状態になってしまいます。
比較 保険額というのは、貸借対照表上は資本の部がマイナスになります。
比較 保険であったとしても、債務者の信用さえあれば支払不能にはなりません。
また、比較 保険でなくても資産の流動性が乏しいと支払不能になることがあります。
企業はこうした比較 保険額を隠す粉飾決算という巧妙な手口を編み出していきました。
それには、企業のバランスシートの資産と負債が正確な時価を表していない場合も比較 保険額と判定される場合があります。

比較 保険額は、基本的には企業の財務諸表である貸借対照表の数値確認で判定します。
そして、企業のデューデリジェンスを行なった場合にも比較 保険額と判定されます。
数字上においては、比較 保険額のある株式は株式の価値がないことになります。

比較 保険額を解消するためには、増資をすると良いと言われています。
また、利益を稼ぐことによって比較 保険額を解消することができます。
あるいは、債権者に負債を放棄してもらうことでも比較 保険額を解消できます。
そしてさらに、負債を資本金にするなどの方法で比較 保険額を解消していきます。
上場企業の場合においては、比較 保険の状態が1年以内に解消することができなければ、残念ながら上場廃止になってしまいます。
サブプライム問題に起因する金融危機の際では、欧米の金融機関は比較 保険額を、資産価値が大幅に下落した不良資産を処理し、企業から切り離すことで隠そうとします。
そのことによって監査法人の監査を比較 保険額がくぐり抜けていくケースがあります。
また比較 保険額は、不良債権などがオフバランスされている場合にもなります。
posted by m.t at 12:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。