比較 保険と合併

比較 保険会社の吸収合併ができることが、会社法で明確化されました。
会社法では、比較 保険の会社を帳簿価額で吸収合併することができます。
そして財産の評価代えのれんの計上によっても、比較 保険会社を吸収合併できます。
従来では計上や資産の再評価によっても、比較 保険の場合にはできませんでした。
今までは、比較 保険会社を吸収合併できるのは解釈論とされていました。
また、比較 保険の場合には、無増資合併しかできないとされてきました。
その点、合併会社間で消滅会社の資産に価値を認めていれば、のれんの減損等で比較 保険の吸収合併に対応できるものとされています。
そして比較 保険会社を吸収合併するには、法的安定性を害するという声もあります。
但し、比較 保険で簡易合併を行うための要件は、厳しくなったということです。

比較 保険会社が吸収合併を認知されている取扱いの均衡の問題が第1にあります。
比較 保険会社の消滅会社の株式には、何ら価値はないとされています。
しかし、実質比較 保険会社を吸収合併できるとの見解が法務省から出されたのです。
そうしたことから、比較 保険の子会社と合併を行う際には、実務上の手続きは煩雑です。
一度増資して比較 保険を解消した後に合併をするという方法です。
この場合、旧商法で定める簡易合併に該当する比較 保険の場合には、親会社で簡易合併の規定に基づいた取締役会の決議で合併することが可能でした。
逆にそれとはまた別に、株主総会の承認を受けることによって、比較 保険会社を吸収合併することが可能であるという点には注意しなればならないでしょう。
要するに、比較 保険会社との合併ができるようになった分、合併要件が緩和されました。
しかし営業権の計上は会社法においても評価基準が規定されてないので、比較 保険の合併の有効性の判断要素として、営業権の価格を加えることは否であるとの指摘もあります
posted by m.t at 12:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。