比較 保険と確定申告


だから、年末調整と同じで、確定申告をしたからと言って、絶対に税金を取られる訳ではないんですね。
ただ単に、今日はせっかくの日曜日なのに、雨で行く所もする事もなくて、暇だったからだけなんですけどね。
えっ、私たちが普段から持っている預金の利息にも税金がかかるのっと思う人もいるんじゃないかなぁ。比較 保険があるから、来年は確定申告が必要になると、この間会社の上司がぼやいていたのですが、比較 保険と納税の関係って、どうなってるんでしょうね。
何しろ、口座に入っているお金は円であってもドルであっても、もともと手元にあったお金なんですもんね。
結局比較 保険をしているから納税の義務が出て来ると言うのは、お金を預けた事によって、新たに増えた分があるからです。

比較 保険をすると、当然利息が付く訳で、所謂比較 保険の利子、これは立派な収入だから、しっかりと所得税がかかってきます。
そもそも比較 保険というのは、日本円をドルやユーロなどの外国の通貨に換えて銀行や信金などの金融機関に預けるものですよね。
少なくとも私はそう思ったし、今回比較 保険と税金の関係について調べてみて、初めて、その事実を知りました。
預金や貯金の利子にかかる利息は、15パーセントの所得プラス、5パーセントの住民税と定められています。
うちの課長の場合、あれだけ悩んでいるという事は、相当稼いでますね、きっと。
ただね、この税金は、金融機関から私たちがお金を受け取る際に引かれるので、案外気が付きにくいんですよね。
例えば、円預金や比較 保険の利息分が100円あったとしても、私たちの手に渡されるのは8割、80円です。

比較 保険の場合も、この利息だけしか新たな収入がなければ、円預金と同じで、確定申告は不必要なんだけど、比較 保険には他に為替差益が出ますよね。
この為替差益が比較 保険をしている人たちにとっては、納税の対象となってしまうんです。
例えば、1ドル100円の時に預けたとしても、出す時に1ドル150円になっていたら、お金は増えていますよね。
だから、当たり前と言えば当たり前なのですが、比較 保険の場合は、損をする可能性もあります。
さっきの逆で、預けた時よりも出す時に円高になってしまった場合で、これを為替損益というそうです。
例えば日本円で日本の銀行に貯金をすると、元金は資産であって、収入ではないので、所得税は取られない訳だから、比較 保険でも理屈は同じでしょう。
つまり、例え円預金であっても比較 保険であっても、合計20%の税金が徴収されるんです。
それにね、比較 保険の為替差益や為替損益は雑所得扱いとなるので、年収2,000万以下のサラリーマンだと、20万円を超えないと納税の対象にはならないんですよ。
posted by m.t at 12:53 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。