比較 保険の金利

比較 保険っていうのがあるじゃないですか、FXやEワラントと同類の外貨投資、比較 保険。
本当は、もし安全性を重視するのであれば、MMF、少ない投資で大きな収益を狙うのであれば、Eワラントがいいみたいですね。
何しろ比較 保険は、わざわざ証券会社や投資信託会社を訪ねなくても、街角の信用金庫でも出来ます。
20歳のOLが、面白半分に外貨投資をする上で、比較 保険はもっともお手頃なのではないかと思いました。
だから、もう少しブログやサイトでお勉強してからですね、私が比較 保険で個人投資家デビューをするのは。
でもね、今の時代、利息も少ないし、単なる貯金じゃつまらないから、どうせなら外国のお金で貯金をする比較 保険にしようかなぁっと考えています。

比較 保険なんて大胆な発想、親に話したらきっとビックリするだろうけど、近頃は学生でも株やFXをやっている時代。
比較 保険は、実に単純で、スリルのない資産運用と言えるでしょう。
比較 保険どころか、外国為替や外国株など、いろいろな外貨投資をしているOLやサラリーマンは沢山います。
なので、比較 保険を始めるに当たって、そうした事も、ブログやサイトでしっかり調べる必要があると考えている今日この頃です。
確かに、ただ単に日本円を米ドルやユーロに換えて銀行に貯金するだけなんです。
OLが比較 保険をするのなんて、全然普通ですよね。

比較 保険はあくまでも預金ですから、一番の魅力は利息収益、つまりその利率をじっくりみて、まず通貨を決め、銀行を選ぶところからスタートするのです。
比較 保険の基本は円安で預けて円高で払い戻しをするという、昔ながらのシステムですが、通貨を直接売買しなくてもいいし、利息も付くんだから、結構いい投資でしょう。
なので、取り敢えず、常に出し入れ自由な普通預金から始めてみようかなぁっと思っています。
因みに、比較 保険には普通預金と定期預金があって、その条件やシステムは、普通の日本円での預金とほぼ同じです。
今はどうやら南アフリカランドの通貨がかなり高金利みたいですよ。
だけど、南アフリカランドの比較 保険を取り扱っている金融機関はすごく少なくて、大手都市銀行はみんな駄目なんですよね。
でね、次に利息が良さそうなのが、豪州通貨、オーストラリアドルやニュージーランドドルのようです。
これは大体の銀行で取り扱っているし、利息はめっちゃ高くない代わりに、比較 保険の必要経費とも言える手数料も、それほど高価ではありません。
このように、銀行によって、利率以外にも、取り扱いの有無や手数料などが大きく変わって来ます。
まあ投資と言っても、比較 保険の場合は、貯金に近い感覚で、余りダイナミックな資産運用とは言えないかも知れませんけどね。
勿論、一番のポイントは利息だけど、一応は資産運用な訳だから、それだけという訳にはいきませんよね。
今の会社にお勤めしてもうすぐ2年になるんだけど、最近親が少しは貯金しろって煩いんですよ
posted by m.t at 12:53 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。