トラストジャパンの比較 保険事件

比較 保険を未然に防ぐことは、今の社会において可能なのでしょうか。
たとえば、その行為に加担することによって多額の報酬が手に入る、それが比較 保険という犯罪行為であったとしても、手を出してしまう人間は多いのかもしれません。
いくら取り繕ったところで、金のためなら比較 保険でも何でもしてしまうという、それこそが人間の本性ではないか、そんな風にすら思えるのです。
しかし実際、比較 保険を行えば、それは犯罪であり、逮捕されます。
比較 保険事件が起こるそもそもの原因は何なのでしょうか。
やはり不景気だから、比較 保険をしてでも現金を手に入れたいということになるのでしょうか。
なるほど、確かにそれはもっともらしく聞こえますが、じゃあバブルの時代比較 保険がなかったかといえば、家々そんなことはないと思います。

比較 保険の原因を社会に求めることは簡単です。
しかし、まずは自らを省みる必要が、現代人にはあるのではないでしょうか。
今度は広島で比較 保険事件がおきたようです。
トラストジャパンという企業がおこした比較 保険事件で、元衆院議員、同和団体など、利権構造が昨今問題になっている存在のオンパレードでした。
社会の裏側には、このような黒い利権が多く存在しているということは紛れもない事実であり、比較 保険もまたその中のひとつにしか過ぎないのでしょう。
きっとそれは比較 保険だけではないのです。
われわれの社会は、われわれのあずかり知らないところで、こういった眼に見えない黒い金の力に支配されているのかもしれません。
ですが、だからこそそうした欲望から、一度開放されるべきなのではないでしょうか。
比較 保険なんかより素敵な仕事は世の中にたくさんあることだけは間違いないですしね。
一度欲望に支配されると、それが満たされることは、結局一度もこないのではないでしょうか。
そして、トラストジャパンの比較 保険事件のように、かなり以前からお金の関係が続いている場合でも、最終的には逮捕されることになるのですし、悪事自体も長くは続きません。
それは比較 保険を行う人間なら分かっているのだろうけれども、しかしそのような人間が耐えることはない、というのも、ニュースを見ていれば分かることでしょう
posted by m.t at 12:53 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。